自己破産2回目ってホントはできないの?-債務整理の回数制限とは-

自己破産2回目ってホントはできないの?-債務整理の回数制限とは-

自己破産2回目ってホントはできないの?-債務整理の回数制限とは-

「1度自己破産をしたから、もう借金とは関わらない!」
そう決意したものの、いつのまにかまた借金を繰り返し、前回のように借金がふくれあがってしまった・・・。このような人は意外にも多いようです。
自己破産は借金問題を解決策としてとても有効ですよね。
そしてこの自己破産は過去に1度行っていても、2回目・3回目を行うことができます。
ですが、2回目の自己破産はそう簡単にできるものではないのです。
これから詳しい条件や注意すべき点などについてまとめていきます。

 

2回目の自己破産は本当にできるのか?

手軽にキャッシングなどができる今の時代背景が、自己破産をする人の数を増加させています。
いくら借金をしても裁判所から自己破産の認定がされ免責になると、借りたお金は全て返済義務がなくなり、借金は実質ゼロになります。自己破産は過去に1度行っていても、2回目・3回目を行うことができるのですが、条件があります。

2回目の自己破産をするには

では、具体的にどのような点に注意しなければならないのか説明します。

1度目の自己破産をしてから、7年以上が経過している

2回目の自己破産を行うためには、1回目の自己破産を行ってから7年以上経過していなければなりません。7年経っていない場合にはそもそも手続きを行うことができないのです。借金しても自己破産をすればいいといった甘い考えは許されません。

免責許可がおりないこともある

2回目の自己破産の申請の場合、裁判所の審査は厳しくなると考えたほうがいいでしょう。申し立てを行ったからといって、必ずしも免責許可を受けられるわけではありません。特に、借金の理由が、浪費やギャンブによるものなどである場合、免責を認められるのはかなり難しいと言えます。

このように、2回目の自己破産を行うことは、険しい道のりであることがわかります。
「でも、この借金問題から開放されたい!」
こういった場合、どうすればいいのでしょうか?

 

ほかの債務整理も検討する

本当に自己破産をする必要がありますか?
自己破産は、借金の返済義務がすべてなくなるため、借金解決の手段として検討されることが多いです。しかし、借金が理帳消しになる分、もちろん大きなデメリットも伴います。また、自己破産が認められなかったとしても、個人再生なら認められるという場合もあります。
自分は本当に自己破産をしなければならない状況なのか・・・・?

 

シュミレーションをすることで、無料で自分に最適な債務整理の方法がわかります。

2回目の自己破産でも相談可能な事務所を探したい方も、まずは診断してみましょう。

 

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

無料・匿名なので安心してご利用いただけます。

 

弁護士に相談する

2回目の自己破産であっても相談できる法律事務所がありますので、そちらで自分がどのような状況で、どうしていくべきか相談するのもいいでしょう。

 

こちらでは、電話やメールでの相談を無料で行っています。
そして、24時間365日対応してくれますので、気軽に相談可能です!

 

そのほかにも、おすすめの法律事務所を一覧で紹介しているので、
気になった方はチェックしてみてください。
費用について悩んでいるのならばまずはプロに確認をするのが1番です。
無料ですので、安心して相談できます!

 


 

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産2回目ってホントはできないの?-債務整理の回数制限とは-関連ページ