自己破産でも持ち家を残せる方法がある?!【自己破産ナビ】

自己破産でも持ち家を残せる方法がある?!【自己破産ナビ】

自己破産でも持ち家を残せる方法がある?!【自己破産ナビ】

持ち家という財産がある人が、借金によって首が回らなくなり自己破産をしたいと考えたとき、自分の持ち家がどうなるのかと懸念する人は多いでしょう。
自己破産の場合、裁判所で全ての債務を免除してもらうことが出来るという一方で、一定以上の価値がある自分の財産を全て手放さなければいけません。裁判所で定められている基準としては20万円以下の預貯金で、そのほかの自動車や家財、持ち家などは自己破産をしたい場合は手放す必要が生じます。
持ち家の住宅ローンがない場合には破産管財人と呼ばれる人物が専任されて、自分の持ち家は売却されて債権者に配当されます。住宅ローンが残っている場合は、その金額によってローン債権者の意向に沿って競売か任意売却を行って処分されます。もしくは破産管財人が選任されて売却するケースもあるため、自分の持ち家がどのケースに当てはまるかを把握しておくと良いでしょう。
自己破産を行わず、個人再生を利用すれば条件を満たしている場合に限り持ち家を手放さずに自分が抱える債務を5分の1程度に減額することも可能であり、借金で首が回らないから即自己破産という考え方では損をしてしまうことがあります。
そのため自分の置かれた状況をよく省みて、自己破産がふさわしいのか個人再生がふさわしいのか、もしくは任意整理のような解決策が適しているのかを慎重に見極めていくと良いでしょう。
そうすれば自分にとって最適な方法で借金を整理することが出来るでしょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産でも持ち家を残せる方法がある?!【自己破産ナビ】関連ページ