自己破産後の生活※その後の暮らし方が気になる方へ

自己破産後の生活※その後の暮らし方が気になる方へ

自己破産後の生活※その後の暮らし方が気になる方へ

自己破産後の生活は、やはりかなりの制約を受けるものなのでしょうか。部分的な制約は確かにあります。しかしだからといって、仕事を辞めなければならないとか、自己破産のその後の日常生活に大きな差し障りが出るようなことはありません。
自己破産後、生活面で一番大きな制約を受けるのは、やはりキャッシングやクレジットカードといったお金関係です。通常は、破産から7年間は、新規にキャッシングをしたり、ローンを組んだり、あるいはクレジットカードを申し込んだりといったことができなくなります。また、賃貸物件を借りる場合も、クレジットカードで家賃を支払う物件とか、保証会社のある物件は審査がありますので、避けた方がいいでしょう。ごく当たり前の、大家さんがいる物件を探すことをお勧めします。キャッシングも、ブラックでも利用できる業者もありますが、自己破産その後の場合はやはり借入は困難になります。中には、自己破産でも貸しますといった謳い文句の業者もいますが、大抵の場合は闇金であることが多く、借りるとその後面倒なことになりますので避けるようにしましょう。
また、7年経った場合、消費者金融やクレジット会社の場合はまずOKですが、銀行はまだブラック扱いになることもありますので、気を付けてください。それから、自己破産後の借入やカード申込の場合は、破産の対象になった金融機関からの融資、またはカード発行はかなり難しくなりますので、それ以外の金融機関を利用するのがいいでしょう。

「自己破産を行うとその後の生活は大きく変わる」と考えている人が少なくありません。
これは間違いだとは言い切れません。
自己破産後にはそれまでの債務が無くなるわけですから、債務問題を抱えて苦しんでいたほど、その人の生活は大きく変わることとなるでしょう。
ただしかし、これはほとんどの場合「良い変化」です。
中には「自己破産後は人として生活できなくなる」というように考えている人もいますが、実際にはそんなことは全くありません。
では自己破産後の生活はどのように変わるのかと言うと、まず債務が無くなるわけですから「返済のために生きる」という必要が無くなります。
毎日生活を切り詰めて借金の返済だけを考えて生きるというような生活は無くなりますし、借金の督促からも解放されます。
また一部には「自己破産をしたことが周りの人に知られる」ということを心配している人もいますが、実はこれもほとんどありません。
確かに官報には記載される事項であるために官報をチェックしている人には知られるリスクはありますが、しかし一般的な人で官報を毎日チェックしているという人がどれだけいるかと言われれば疑問です。
自己破産の情報は個人情報であるために官報以外で国から通知されることは原則としてありませんし、また自己破産が理由で権利が侵害されることはあり得ません。
もちろん財産は一部を残して失うこととなりますが、それでも返済できない債務を抱えて苦しみながら生きるのと比べれば、生活は格段に楽になるでしょう。
どうしても返済できない借金ができてしまったのであれば、自己破産で立て直すことも選択肢に入れるべきなのです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産後の生活※その後の暮らし方が気になる方へ関連ページ