自己破産は【ギャンブル&浪費】が原因でもできる?

自己破産は【ギャンブル&浪費】が原因でもできる?

自己破産は【ギャンブル&浪費】が原因でもできる?

自己破産とはメリットもあればデメリットもあるわけですが、何にせよ多額の債務を消すことが出来るのですから、これは人によってはかなり都合が良いと考えられます。しかしながら、そうした考えを持っている人の大半は本当に自己破産の意味を理解していません。まず、借金というのは色々な理由から借金を作るものです。お金を借りてそれをギャンブルで使ったり、過度な浪費として使った場合は自己破産は認められないので覚えておかなければなりません。つまり、金融会社等から莫大なお金を借りてギャンブルをして借金が膨れ上がっても、それは破産することが出来ないという事です。これは意外と知らない人が多いですが、世間はそれほど甘くはないと言うことです。しかし、ギャンブル等の借金でも破産できたというケースはあるので、絶対とは言い切ることが難しいものです。それでも該当しないと明記されているので、期待することは禁物だと言えます。次に自己破産をすると、その後の人生において様々な影響が出ることを知っておきましょう。例えば、旅行や引っ越しをする時は毎回許可をえなければ出来ないなど、生活が不自由になります。また、家族がいるなら巻き添えになることは必須であり、自分の借金について連帯保証人がいるなら、その連帯保証人が一番辛い立場に立つことが簡単に想像できます。こうした数々のデメリットが後からやってくるので、しっかりとこの内容を覚えておかなければなりません。

自己破産をするためには申請をしてから認められる必要があります。自己破産が認められないケースというのがあり、その一つにギャンブルなど浪費が原因の借金があります。ギャンブルをする時は元手の資金が必要になりますが、その資金を借金として借りて、もし失敗した時は自己破産で逃げるという方法は不可能なので知っておきましょう。破産が成功すると自分が持っている借金を消せるので、これはかなり嬉しい内容ですが、許可をもらうためには様々な条件をクリアしなければなりません。ギャンブルで作った借金でも破産出来る可能性というのはゼロではありませんが、ほぼ高確率で不可能と言えます。むしろ、ギャンブルの借金はギャンブルで返す方が確率が高い言えます。借金の金額によっては本当に返済することが出来ないことがあります。そのような場合に自己破産を認めてもらうことが出来なければ、他にも債務整理の方法があるので、まずはその方法から解決できるかどうかを調べましょう。任意整理や特定調停など、他の債務整理ならばしっかりと借金を解決出来ることは良くあります。他の債務整理の方法だと、自己破産と違ってギャンブルの借金でも整理することが出来ます。どのような方法を活用するのが好ましいのか自分で判断することが難しいなら、弁護士にしっかりと相談をしてギャンブルの借金を片付ける道を探してみると良いです。浪費やギャンブルによる自己破産は可能かどうか、無料相談できる法律事務所を探しておくと便利なので覚えておきましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産は【ギャンブル&浪費】が原因でもできる?関連ページ